HIKASANE

日々の暮らしは、たくさんの「モノ」であふれています。

モノを買うとき、誰がどうやって作ったか少しだけ知ってみる。
お金を支払うとき、誰に渡しているか少しだけ考えてみる。
使い終わった後、それがどうなるか少しだけ想像してみる。
こうした、少し、少しの想いを重ねて、未来を描いてみる。

HIKASANEが提案するのは、モノとの付き合い方。
いつもより丁寧にモノを選び、いつもより長くモノを使うという暮らしの選択です。

HIKASANEが提案するモノのあり方

長く使えること

日本のクラフトマンシップを大切にすること

普遍的であること

修理・修繕ができること

お問い合わせ